ペン色のカスタマイズ

投稿 2011年03月14日 | ほたるメモの裏技 | hotall

工業製品も多量少品種から少量多品種に移行し、我々はいろんな選択肢の中から選べるようになりました。個性が出せる豊かな時代ですが、悩みの多い時代かもしれません。

ほたるメモのペンは予め用意された色から好きな色を選ぶことができます。
しかし、色の好みは人それぞれです。自分で色を作りたいと思うかもしれません。
これはあくまでも開発用の作りこみなので、今後のサポートはできませんが、実はペン色の選択肢を外部のファイルで変更できます。

SDカードには、ほたるメモ用の設定ファイルが作成されます。この設定ファイルの内容で、ソフトの動作が変わります。
設定ファイルのパスは\HotallMemo\data\info.xmlです。このファイルはXMLフォーマットのテキストファイルです。文字コードはUTF-8で改行コードはLFですので、Windowsのメモ帳ではなくこの形式に対応したテキストエディタかXMLエディタが必要となります。

それでは中を見てみましょう。
settingfile_content_01

propertiesタグの中にentryタグが並んでいます。
ここに次のentryタグを追加します。

<entry key="PEN_COLOR_LIST">
ff000000,ffcc0000,ff00aa00,ff0000aa,ffff0000,ffee6600,ff66ee00,ff0066ee,ff884488,ffee0066
</entry>

(この表記では見やすくするため改行を入れていますが、改行や空白は入れないでください)

タグの内容は色コードをカンマで区切ったものです。
色コードは透明度、赤、緑、青それぞれ16進2桁表記で連結したものです。
透明度はff固定にしてください。
後は、お絵かきソフトなどで色を作成し、そのコードをここに入れてください。
色の数は製品版では特に制限がありませんが、フリー版は4色となります。

変更後、ソフトに反映するには、ソフトの再起動が必要です。
尚、info.xmlファイルを変更する前に、念のためバックアップを取ってください。
« PrevNext »

コメント

コメントはありません。

コメントする