自転車ライト(CATEYE HL-EL200)が点かない

投稿 2013年11月02日 | リビング | hotall

今秋は台風が頻繁に来ます。
駐輪場に停めている私の自転車も雨ざらしの状態です。




そんな折、夕刻に自転車で買い物に行こうとライトのスイッチを入れたのですが、点灯しません。
電池が切れたんだろうと思いつつ、ライトを持ち帰り調べてみることにしました。



この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる修理はメーカーの保証・修理が受けられなくなる可能性があります。






まずは電池の電圧を調べてみます。
まだ、電圧があります。




次に電池ホルダーの電圧を調べます。
電気は来ていますので、ホルダーの断線ではありません。




次にスイッチの導通を調べます。
スイッチのON/OFFで導通が変化するので、スイッチの断線やショートではありません。

更にLEDドライブトランジスタの電圧を調べます。
コレクタ電圧、エミッタ―電圧、ベース電圧全てにスイッチON/OFFで変化がありません。
制御マイコンの問題のようです。
雨水による漏電でマイコンに過負荷がかかったのでしょう。

もう古いライトです。新たに制御マイコンをプログラムして実装する価値はありませんので、買い替えることにしました。
前回のお風呂テレビに続いて連敗です。
« PrevNext »

コメント

コメントはありません。

コメントする