腕時計(Landmaster summiter)の電池交換(2)

投稿 2012年11月11日 15時33分58秒 | リビング | hotall

教訓:注意書きは必要だから、そこに書いてあるのです。


腕時計の電池を交換してから気圧計がまったく動いていないことに気が付きました。
ボタンB(左上)やボタンC(右上)を押しても、針は微動だにしません。
システムリセットをしても直りません。




そういえば、裏蓋を外した時に何か注意書きが書いてあるのを思い出しました。
ブログのために撮影した写真で確認すると、電池交換後に端子をショートするように書いてあります。
そこで、これを試してみることにしました。

この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる修理はメーカーの保証・修理が受けられなくなる可能性があります。







ショートするのに必要な電線を用意します。
単線で細いものが必要です。私はラッピング線を使用しました。




注意書きにはACと(+)をショートするように書かれてあります。
小さな字でACと矢印が刻印されているのを見つけました。その方向に小さな金色の端子があります。




まず、AC端子に電線の一方を接触させ、次に電池の(+)にもう一方を接触させます。
これで、完了です。
最初に行った時は、直りませんでしたが、電池を入れなおしてから、再度行うと直りました。
電池をはめてから何か操作をすると効かないようです。




折角分解したので、パッキンにオーディオ用のピンチローラ(ゴム)クリーナーを塗っておきました。




組立後、システムリセットをします。
リューズを2段上げてBとCのボタンを同時に押します。
リューズをもとに戻します。

今回は気圧計の調整もしました。



リューズを1段上げてBボタンを長押しします。




リューズを2段上げてCボタンで気圧計の短針を0に合わせます。




Bボタンで気圧計の長針を0に合わせます。
リューズをもとに戻します。

時刻を合わせます。



秒針が0になるタイミングでリューズを2段引上げ、近々の0秒に時分を合わせます。




Aボタン(左下)でアラーム小時計を設定した時刻時計に合わせます。




基準となる時計を見ながら、設定した時刻になった時、リューズを元に戻します。

今回は一瞬、壊れたのではないかとひやっとしましたが、いい勉強になりました。

腕時計(Landmaster summiter)の電池交換

投稿 2012年11月08日 16時44分08秒 | リビング | hotall

ある朝寝坊をした日のこと、慌ただしく着替えを済ませ、腕時計をはめて、バスの時刻を確認。
「大丈夫、まだ時間がある。」
ちょっと余裕ができたので、しばらく他の用事を済ませた後、部屋の置時計を見ると、発車時刻を過ぎていす。
慌てて腕時計をもう一度見ると、何時間も前に止まっていることに愕然としました。
最初に時間を確認したときは長針しか見ていなかったようです。

腕時計が電池式になってから、1年以上は止まる事を気にすることなく、安心して時刻が確認できるようになりました。
便利になりましたが、電池切れは忘れた頃にやってきます。
機械式の場合は、頻繁にねじを巻く必要があるため、毎朝、まず止まっていないことを確認します。したがって、止まっている時計の時刻を信じることはありません。

電池式で困った問題が、電池交換の手間と時間です。
機械式のようにねじを巻けばすぐに使えるという訳にはいきません。
今回の腕時計に関しては、いつもは販売店に持ち込み、メーカーで交換してもらうので、戻ってくるまで数週間かかります。

前回の交換では本体基盤の劣化などを指摘されていたので、今回はどうすべきかと悩みました。
そんな折、以前、天体望遠鏡のアイピースをクリーニングするため購入した工具があった事を思い出しました。
そこで、今回は自分で交換することにしました。

この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる修理はメーカーの保証・修理が受けられなくなる可能性があります。







まず、ベルトの片方を外します。




作業台に固定します。
アイピースを固定したときは気が付かなかったのですが、押えのへこみは時計のリューズのためにあったのですね。




オープナーを裏蓋のサイズに合わせます。




現在の裏蓋の位置を覚えておき、後で蓋をはめたとき、どのくらい閉めるのかの目安にします。
裏蓋は左に回します。




裏蓋が外れました。




電池抑えを固定しているねじを外します。
2本のうち片方をはずし、もう片方は緩めるだけにします。




電池を外すのに使用するピンセットの先にテープを巻いて絶縁します。




電池を外します。




新しい電池を用意します。




新しい電池をはめます。




ねじをはめます。




裏蓋と接するところを、綿棒とアルコールを使ってきれいにします。




裏蓋とパッキンもきれいにします。
後は、裏蓋を元通りにはめて完了です。




電池切れの腕時計がもうひとつあったので、ついでにこれも交換します。




この裏蓋ははめ込み式です。
本来は専用道具で開けるべきなのですが、ナイフを使用しました。
蓋には工具が入る場所があります。そこを探してナイフを入れ、「てこ」の原理でこじ開けます。




裏蓋が外れました。
先ほどと同様に、アルコールできれいにします。




新しい電池を用意します。




新しい電池をはめます。
裏蓋をはめて完了です。

自分で交換すると、気密性などに不安が残りますが、町のカメラ屋や鍵屋などに頼むよりもいいかなと思っています。

[追記]
この後、気圧計が動かないことが分かり、再度電池を入れなおすことになりました。

扇風機(National F-R255E)の異音の修理(2)

投稿 2012年09月19日 13時40分38秒 | リビング | hotall

安易な対処療法は新たな問題を引き起こすことがあります。
先日、異音が出るようになった扇風機を直しましたが、1週間程で、また異音が出るようになってしまいました。
当初は、軸の遊びが原因だと思い、軸を押さえる板を取りつけましたが、この板が長時間の圧力で壊れてしまいました。
これでは、何度、押さえ板を取り換えても壊れてしまいます。
そこで、修理をやり直してみました。


この文書は個人的なものであり、読者による修理・改造を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる改造はメーカーの保証・修理が受けられなくなります。







もう一度、ローターのシャフトを調べてみます。
爪を当てて凹凸がないか調べます。
すると前方のシャフトの中間ぐらいに引っ掛かりがあるのが分かりました。
そこだけ摩耗しています。
前回は、押さえ板でシャフトを押していたため、結果的にこの摩耗個所がずれることになり、異音が直ったようです。
つまり、押さえ板でなくても、シャフトの位置をずらすことで解決できそうです。




シャフトにスペーサーを入れることにしました。
滑りが良くて、摩擦音がしない素材を探します。
たまたま、手元にあったカーテンランナーが使えそうです。




使う場所を切り取ります。




やすりで整形します。




シャフトにはめます。




グリスを塗り、組み立てます。




首がぐらぐらするので調べてみると、軸受が割れていました。




ワイヤーで縛ることにしました。
ワイヤーを通す穴をあけます。




ワイヤーで軸を縛ります。

かなり手間取りましたが、これで一応問題は解決しました。
扇風機のシーズンもあと僅かですが、存分に使いたいと思います。


扇風機(National F-R255E)の異音の修理

投稿 2012年09月10日 18時46分31秒 | リビング | hotall

最近の扇風機は安くなりました。2、3千円も出せば買うことができます。
20年ほど前、私が前の会社に入った頃、寮に持ち込んだ小型の扇風機はその三倍以上の価格がしました。
この扇風機は小型で静か、リズム機能付きが気に入っていましたが、近頃、強風にすると異音がするようになりました。
買い替えも考えましたが、これに代わるものが見当たらず、修理することにしました。


この文書は個人的なものであり、読者による修理・改造を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる改造はメーカーの保証・修理が受けられなくなります。







これが、その扇風機です。
このサイズで静かな扇風機はなかなかありません。




羽根とカバーを取り外します。




首ふりのぽっちりを外します。
中にドライバーを突っ込み、内部の爪を広げながら引っ張ります。




モーターカバーを外します。




モーターを分解します。




ローターです。
シャフトの固定リングが劣化しています。




固定リングを拡大してみました。
樹脂の一部が剥げています。




剥げた樹脂の代わりとしてトランジスタと放熱版との絶縁に使うマイカ板を使用します。
耐熱性があり、摩擦に強く、表面がなめらかなので適しています。




丸やすりで穴を広げます。




はさみで整形します。




固定リングの上に整形したマイカ板をかぶせます。




各所にグリスを塗ります。




モータを組み立てます。




羽根カバーもぐらついていたので、接触面にビニールテーブをかぶせます。


すべて組み立てて、効果を確かめてみました。
回転がスムーズになり、音も少し静かになりましたが、まだ、直っていません。
いろいろ、調べてみると、シャフトの遊びが多くなっている為だとわかりました。
長年の使用で摩耗したのでしょうか。
そこで、シャフトを押さえる板を取り付けることにしました。



素材として強度があって、しなりがあるものを探し、ジャムの蓋にしました。




適当な大きさに切り、加工します。




たまたまモーターにあったビスで固定します。
接触部分にはたっぷりグリスを塗ります。
これで、遊びが少なくなり、板のしなりで適度に振動を抑えてくれます。
[補足]
後日、ねじの緩み防止と振動防止のため、本体、板、ビスの間にゴムシートを挟みました。


再度組み立てて、効果を確認しました。
異音はなくなりました。
この修理方法が良いのかわかりませんが、これでまた、お気に入りの扇風機はしばらく使えます。
最近の電化製品は安くて、そこそこ性能はいいのですが、何かとがったものがなく、また耐久性もいまいちなので、なかなか愛着が持てません。
今のメーカーにはかつての日本製家電のように、長く使えるいいものを作って欲しいと思う今日この頃です。

[追記]
結局、この押さえ板による修理は強度に問題があり、別の方法で修理することになりました。

テーブルの脚の延長

投稿 2012年08月28日 15時50分57秒 | リビング | hotall




ちゃぶ台と云えばかつてはどこの家にもあった昭和の家具の代表ですが、最近は椅子にテーブルの生活が主流となり、あまり見なくなりました。
引越し先を探す際、内見した時は広く感じても、いざ、椅子とテーブルを入れて椅子に腰かけてみると、狭く感じた経験があるのではないでしょうか。
目の前を遮る背の高い家具、天井を低く見せてしまう視点の高さが原因です。
その点、座布団に座る低い視点での生活は、狭い部屋でも圧迫感がなく快適です。
20年ほど前、私が一人暮らしを始めた時、そんな思いで洋間のリビングに合う低いテーブルを探していました。
そんな時、ある家具店で偶然にキャスター付のしっかりしたテーブルを見つけました。
本来は広い洋室で花瓶などの装飾品を飾る台だったのかもしれませんが、丁度いい大きさと簡単に移動できるのが気に入って、洋風のちゃぶ台として購入しました。
あれから傷ついたり汚れたりして、だいぶ古くなってしまいましたが、今でも愛用しています。ただ、高さが少し低いのが難点で、あぐらをかくとひざが天板に当たってしまい、あと数センチ高ければと、ずっと思っていました。
今回、その不満を解決すべく、このテーブルの脚に下駄を履かせることにしました。

この文書は個人的なものであり、読者による改造を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる改造はメーカーの保証・修理が受けられなくなります。







これが今回のテーブルです。




天板に大きなキャスタが取り付けられています。




キャスタを取り外します。
幸い、鬼目ナットに通常のボルトでしたので、簡単に外せました。




下駄として120mm角のキューブ状の木材を使用し、高さは半分の60mmとしました。
これにボルト穴を開けます。今回は買った店で加工してもらいました。




ボルトも長いものに取り替えます。




やすりをかけます。
この木材は桐なので、いい香りがします。




ニスを塗ります。
色を合わせるため、チーク色の着色ニスを用いました。




一度目の塗り




やすりがけ




二度目の塗り




組み付けます。




すべて取り付けました。
後で取り付けたと思えないほど自然です。




完成しました。
食事をしてみると、姿勢が楽になりました。
もっと早くやるべきでしたね。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»