耳掛け式イヤホン(ATH-EM7)のイヤパッド再修理

投稿 2021年04月20日 14時50分12秒 | オーディオ・ビジュアル | hotall




製品の寿命には、いくつかの要因がありますが、その一つに消耗部品の販売終了があります。

6年前にイヤパッドを交換した耳掛け式イヤホンでしたが、またもこれがペシャンコになってしまいました。

もはや、このイヤホンはサポートを終了しており、補修部品も販売されていません。
部材の経年劣化が進み、耳掛け部のゴムは切れて、代わりにゴムホースで代用している始末です。もっとも、このゴムホースの代用は、耳当りが良く、気に入ってはいますが。

すでに17年を経過していますので、十分使い切ったと云えます。
しかし、まだ、音を出すという主要機能は健在ですので、このまま捨てるのも、もったいないような気がするのです。
そこで、なるべく費用を掛けずに、直してみることにしました。

この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。



ペシャンコになった原因は、パッド内のスポンジ状の樹脂が、融けるようにつぶれてしまったことです。
そこで、この樹脂だけを交換できればと考えました。

ネットで色々調べたところ、この樹脂はモルトフィルターと呼ばれるもので、その通気性から、オーディオ用の他、エアフィルターなどに使われているようです。

元の厚みと網目の細かさのものをネットで購入し、早速、修理を始めました。


まず、イヤパッドを剥がします。

イヤパッドは、台座の樹脂リングと耳当てカバー、そしてモルトフィルターから構成され、両面テープで本体に固定されています。
先がとがっているもので台座ごと剥がします。



モルトフィルターは、前回と同様に、完全に溶けて張り付いています。

残念ながら、片方はカバーが台座から完全に剥がれてしまいました。

これを無水エタノールで取り去ります。

台座からはがれたカバーは両目テープで貼り付けます。



これが、今回購入したモルトフィルターです。

紙に半径14mmの円を描きます。
これを切り抜きます。

切り抜いた紙を型として、両面テープでモルトフィルタに貼り付けます。

型紙に沿ってモルトフィルタを切り抜きます。

切り抜いたモルトフィルタは型紙を外し、台座にはめます。

台座に両面テープを貼り付けます。

これを本体に貼り付けて完成です。

もとのふかふかのイヤパッドに戻りました。
よく見ると、台座から剥がれたカバーを貼り付けた部分が、少しいびつになっていますが、ほとんど気にならない程度に修復することができました。
これで、当分、使い続けられます。

モルトフィルターはウレタン素材であるので、加水分解による劣化は避けられません。数年後には、また、ペシャンコになるでしょう。
余ったモルトフィルターは、次回の修繕に備えて、湿気を避けて保管しておくことにします。

ヘッドホン(BOSE QuietComfort)プラグ・コードの補修

投稿 2021年04月16日 14時24分43秒 | オーディオ・ビジュアル | hotall

ケーブルに断線はつきものです。

これまで、いくつものケーブルを直してきました。
その方法は、いつも同じです。
・断線個所を特定し、その個所でケーブルを切断。
・切断した銅線を半田で繫ぎ、ヒシチューブやテーブで保護します。

この修理の欠点は、その手間と見た目が悪くなることです。
やはり、事前に断線を回避する対策をするのが一番です。


我家のヘッドホンのケーブルがコネクタ部分で被覆が剥がれ、中の電線が見えるようになってしまいました。
このままでは、近いうちに断線することは間違いありません。
そこで、今のうちに補修することにしました。

この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。




一方の手で、剥がれている個所より前の部分をつまみ、もう一方の手で、更に前の部分の被覆を延ばします。
この時、コネクタには触れず、剥がれている個所に負担をかけないよう注意します。

延ばした被覆が戻る前に、素早く、被覆をつまみます。
すると中の電線が見えるようになります。
広がらない場合は、何回か繰返します。
この作業が失敗しても、絶対にコネクタ側を引っ張ってはいけません。
電線が切れてしまいます。

軟質プラスチック用の接着剤を用意します。

プライマーを電線及び周辺の被覆、コネクタ部分に塗ります。

同じく、内部の電線、コネクタの縁、被覆の端に接着剤を塗ります。

ケーブルの前の部分から延ばした被覆をコネクタ側にずらします。
ちょうど、広げた時と逆の要領で行います。
被覆がコネクタに密着したら、元に戻らないように被覆を指でつまんで押さえておきます。
コネクタと被覆のつなぎ目も接着剤を盛り、爪楊枝などを使って整えます。

指を離しても被覆が元に戻らないように、クリップでつまんでおきます。
接着剤が完全に固まるまで待ちます。
これで、補修は完了です。

ケーブルのグラグラはなくなり、しばらくは安心して使えます。
後々の苦労を考えると、壊れる前の対策は大事ですね。

CDレシーバー(ONKYO CR-D1)の音が出ない

投稿 2015年10月07日 14時15分50秒 | オーディオ・ビジュアル | hotall

音楽を集中して聞くことが少なくなりました。
聞くとしても、最近ではBGMとして、なんとなく流しているだけで、それも選曲すら億劫と感じているくらいです。
BGMとして以前はよくFMを聞いていましたが、その内容がトーク中心になるにつれ、自然と遠のいていきました。
それに対してトークもCMもほとんど入らずノイズも無いインターネットラジオは、今では唯一お気に入りの音源となっています。

そんな訳で9年前に買ったCDレシーバー(ONKYO CR-D1)は久しく電源を入れていませんでした。




先日、ほこりをかぶったこの機械が、ふと気になり、CDをかけてみました。
すると片方のスピーカーが鳴りません。

スピーカーコードを左右繫ぎ替えてみると、鳴らないスピーカーも逆転するので、どうやらこのCDレシーバーが問題のようです。

更にしばらく再生を続けていると、時々、鳴るようになったり、逆のスピーカーが鳴らなくなったり、症状が安定しません。
鳴るときは音自体に歪もなく音質は良好なので、どこかの接触不良です。
コネクタ周りを色々触ってみても変化はありません。おそらくは内部の半田クラックか接点不良です。

最近のオーディオ機器はボリュームもセレクターも半導体で、この機器も例外ではなく、唯一の信号系統で機械的接触を伴う部品はSP保護用のリレーです。
そこで、まずはこのリレーを交換してみることにしました。

この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる修理はメーカーの保証・修理が受けられなくなる可能性があります。







背面5つ側面4つのねじを外し、ケースカバーを取り外します。

意外に中はさっぱりとしています。
昔のアンプは、電源トランスとパワートランジスタの放熱板がドーンとあって、いかにも力強い音が出そうな感じでした。
電源も信号回路もデジタルになると、こんな感じなんですね。




問題のSP保護用リレーは中段基盤にありました。
アクセスし易い場所なので基盤を外さずに作業ができそうです。




リレーの各足の半田を取り除きます。
ペーストを塗って、半田ごてで半田を溶かし、吸引器で吸い取ります。




6つすべての足の半田を取り除きました。




リレーを外します。
F&T(富士通高見澤コンポーネント株式会社)のF4AK009Tという製品です。
2回路a接点の9V、接点定格は5A30Vのリレーです。
中国製です。

さて、交換部品を手配しなければならないのですが、同じ部品は見つかりません。それどころか、オーディオ用リレー自体が2、3種類しか見つかりませんでした。
汎用リレーなら選択肢も多いのですが、SP出力はインピーダンスが数オームの回路なので接点抵抗が低いオーディオ用を選びたいところです。

手に入るもので唯一使えそうなのが、パナソニックのALA2F12です。
データシートを見る限り、形状や接点定格は問題ないのですが、コイルの定格がもとの部品が9Vに対し12Vです。
互換性があるとは言い難いですが、感動電圧が75%なので、ぎりぎり9Vで動作しそうです。



念のため、実際のコイルへの印加電圧を測ってみました。
8.87Vです。
ちょっと微妙ですが、製品の規格に対する余裕分に期待して、これを使うことにしました。




これが入手した部品:パナソニックのALA2F12です。
タイ製です。
共立エレショップからネットで購入しました。




並べてみると、全く同じ形状です。




取り付けました。




元通りにカバーを取り付けて完了です。
配線をして、試してみると、全く問題なく動作しました。
無事、直ったようです。

たまには、買い溜めたCDでもゆっくり聞いてみようと思います。


[追記]
問題のリレーを分解してみました。



外見上、摩耗などの劣化や破損は見られません。

余談ですが、コイルの巻き方が雑なような気がします。




接点を拡大してみます。
うっすらとした「くすみ」が見られます。

データシートによるとF4AK009Tの接点は銀合金が使用されています。
ネットで調べてみると銀合金の接点は接触抵抗が低く硬度が高いという利点があるため、広く採用されているが、欠点として酸化膜ができるそうです。この欠点については、通常、酸化膜ができても機械的な接触で剥がれることが多いとのことです。

しかし、この写真で見られる「くすみ」は酸化膜ではないでしょうか。

素人考えですが、我家の使用環境ではこの欠点は問題ではないかと考えます。動作頻度が低い場合は当然、機械的な接触が少ないわけで、被膜は剥がれず、どんどん形成される一方ではないかと・・・。

一方、今回交換した新しいリレー:ALA2F12の接点は、金ニッケル合金に金メッキで、硬度は低いが化学的変化に強いそうです。
私のように頻度が低い使い方には、こちらの方が適しているような気がします。
それに、やっぱり銀より金ですしね。

耳掛け式イヤホン(ATH-EM7)のイヤパッド交換

投稿 2014年10月02日 12時03分38秒 | オーディオ・ビジュアル | hotall

最近、家でスカイプをする機会が多くなりました。
スピーカーとマイク付WEBカメラを使えば、まるで相手がそこに居るように話ができるのが良いです。

ただ、ハンズフリーで会話ができるのは楽なのですが、エコーキャンセルが働き、自分の声が帰ってくるタイミングで、相手の声も途切れてしまうのが難点です。

そこで、私はスピーカーの音がマイクに返らないように、イヤホンをして会話をするようになりました。
これで、相手の声が途切れず、スムーズに会話ができます。




スカイプ用に使い始めたイヤホンは、長い間押し入れに眠っていたものです。
付け心地が軽く、周りの音が遮断されないので、スピーカーホンに近い感覚で使えます。

ところが、イヤパッドが劣化し、平たく潰れてしまっています。
新しいイヤホンを買うことも考えましたが、インターネットで部品を買えることが分かり、自分で交換することにしました。





ネットで部品を購入します。
[audio-technica 部品購入サイト]





古いパッドを剥がします。
かなり固着しているので、爪で剥がすのは大変です。




パッドを剥がすと、ドロドロに溶けた樹脂がドライバカバーにへばり付いています。
爪で剥がそうと思いましたが、きれいに剥がれません。




アルコールを使うことにしました。




きれいに剥がせました。




新しいパッドを貼り付けて作業完了です。
元通りのふかふかのパッドになりました。

遮音性がなく、音漏れがするので外で使うには問題の多いイヤホンでしたが、良い使い道ができました。

お風呂テレビ(TWINBIRD LINK ZABADY)の通信ができない

投稿 2013年12月09日 11時28分35秒 | オーディオ・ビジュアル | hotall

電子機器の故障を調べてみると、その時代の製造業の様子が垣間見えます。




先日、片方の音が出なくなったお風呂テレビですが、今度は通信しなくなりました。
最初は、画像と音が出なくなりリモコン操作だけはできていたのですが、そのうち全く通信できなくなりました。
このテレビは5年前に妻が買ってくれたもので、愛用していました。
親機は常時電源入れっぱなしでしたので、そろそろ寿命かなとも考えましたが、修理してみることにしました。

この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる修理はメーカーの保証・修理が受けられなくなる可能性があります。







このお風呂テレビは映像/音声の送信とリモコン制御をする親機と受信機であるテレビ本体から成ります。
現象を見ただけでは、今回の故障がどちらなのかは分かりません。
テレビの方は高温多湿の悪環境ですが使用時間が短く、一方、本体の方は常時電源を入れていたので、5年間ずっと稼働していたことになります。
故障の確率が稼働時間に比例することを考えれば、本体の方が怪しく思えます。
そこで、本体を分解してみました。




裏蓋を外すと、基盤の底面が現れます。
半田の状態などを見る限り、劣化しているようには見えません。




いつものように、まずは電源ラインの電圧を測定してみました。
すると9V電源であるはずが、5Vから7V付近を変動しています。
明らかに電源に問題があります。
以前の無線LAN親機の故障と同様に電源アダプタの問題のようです。




このテレビの電源アダプタも前回と同様に分解できないようになっています。




今回も、けがきカッターで切り開きます。




中を開けると、LPFでしょうか2つのコンデンサーが膨らんで、内部が破裂しているようです。




コンデンサーを取り外します。
今回も台湾製です。




手元にあった容量の近いコンデンサに取り替えることにしました。
ニチコンとパナソニックで、どちらも日本製です。




付け替えました。




再度接続し、電源電圧を測ってみると、規定の電圧が出ています。

早速、テレビの電源を入れてみると、無事通信し、音声と映像が出るようになりました。




電源アダプタは前回と同様にビニールテープでぐるぐる巻きにします。
また、ミイラ状態の電源アダプタが増えました。

安い中国製品が台頭している中で、日本メーカーもコスト削減の為、海外メーカーに製造委託するようになりました。
特に電源アダプタは汎用品なので、設計・製造に立ち入ることなく仕入れているのが現状でしょう。
したがってどのような部品が使われているのか、また耐久試験はどこまでされているのかは検証できていないのではないでしょうか。
折角、日本製品は高品質だと評価されているのに、本体ではなく付属品の品質の為に製品全体のイメージが悪くなるのは勿体ない話ですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»