扇風機(National F-R255E)の異音の修理(2)

投稿 2012年09月19日 13時40分38秒 | リビング | hotall

安易な対処療法は新たな問題を引き起こすことがあります。
先日、異音が出るようになった扇風機を直しましたが、1週間程で、また異音が出るようになってしまいました。
当初は、軸の遊びが原因だと思い、軸を押さえる板を取りつけましたが、この板が長時間の圧力で壊れてしまいました。
これでは、何度、押さえ板を取り換えても壊れてしまいます。
そこで、修理をやり直してみました。


この文書は個人的なものであり、読者による修理・改造を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる改造はメーカーの保証・修理が受けられなくなります。







もう一度、ローターのシャフトを調べてみます。
爪を当てて凹凸がないか調べます。
すると前方のシャフトの中間ぐらいに引っ掛かりがあるのが分かりました。
そこだけ摩耗しています。
前回は、押さえ板でシャフトを押していたため、結果的にこの摩耗個所がずれることになり、異音が直ったようです。
つまり、押さえ板でなくても、シャフトの位置をずらすことで解決できそうです。




シャフトにスペーサーを入れることにしました。
滑りが良くて、摩擦音がしない素材を探します。
たまたま、手元にあったカーテンランナーが使えそうです。




使う場所を切り取ります。




やすりで整形します。




シャフトにはめます。




グリスを塗り、組み立てます。




首がぐらぐらするので調べてみると、軸受が割れていました。




ワイヤーで縛ることにしました。
ワイヤーを通す穴をあけます。




ワイヤーで軸を縛ります。

かなり手間取りましたが、これで一応問題は解決しました。
扇風機のシーズンもあと僅かですが、存分に使いたいと思います。


扇風機(National F-R255E)の異音の修理

投稿 2012年09月10日 18時46分31秒 | リビング | hotall

最近の扇風機は安くなりました。2、3千円も出せば買うことができます。
20年ほど前、私が前の会社に入った頃、寮に持ち込んだ小型の扇風機はその三倍以上の価格がしました。
この扇風機は小型で静か、リズム機能付きが気に入っていましたが、近頃、強風にすると異音がするようになりました。
買い替えも考えましたが、これに代わるものが見当たらず、修理することにしました。


この文書は個人的なものであり、読者による修理・改造を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる改造はメーカーの保証・修理が受けられなくなります。







これが、その扇風機です。
このサイズで静かな扇風機はなかなかありません。




羽根とカバーを取り外します。




首ふりのぽっちりを外します。
中にドライバーを突っ込み、内部の爪を広げながら引っ張ります。




モーターカバーを外します。




モーターを分解します。




ローターです。
シャフトの固定リングが劣化しています。




固定リングを拡大してみました。
樹脂の一部が剥げています。




剥げた樹脂の代わりとしてトランジスタと放熱版との絶縁に使うマイカ板を使用します。
耐熱性があり、摩擦に強く、表面がなめらかなので適しています。




丸やすりで穴を広げます。




はさみで整形します。




固定リングの上に整形したマイカ板をかぶせます。




各所にグリスを塗ります。




モータを組み立てます。




羽根カバーもぐらついていたので、接触面にビニールテーブをかぶせます。


すべて組み立てて、効果を確かめてみました。
回転がスムーズになり、音も少し静かになりましたが、まだ、直っていません。
いろいろ、調べてみると、シャフトの遊びが多くなっている為だとわかりました。
長年の使用で摩耗したのでしょうか。
そこで、シャフトを押さえる板を取り付けることにしました。



素材として強度があって、しなりがあるものを探し、ジャムの蓋にしました。




適当な大きさに切り、加工します。




たまたまモーターにあったビスで固定します。
接触部分にはたっぷりグリスを塗ります。
これで、遊びが少なくなり、板のしなりで適度に振動を抑えてくれます。
[補足]
後日、ねじの緩み防止と振動防止のため、本体、板、ビスの間にゴムシートを挟みました。


再度組み立てて、効果を確認しました。
異音はなくなりました。
この修理方法が良いのかわかりませんが、これでまた、お気に入りの扇風機はしばらく使えます。
最近の電化製品は安くて、そこそこ性能はいいのですが、何かとがったものがなく、また耐久性もいまいちなので、なかなか愛着が持てません。
今のメーカーにはかつての日本製家電のように、長く使えるいいものを作って欲しいと思う今日この頃です。

[追記]
結局、この押さえ板による修理は強度に問題があり、別の方法で修理することになりました。