USB ACスイッチの製作

投稿 2012年08月19日 14時33分29秒 | パソコン | hotall

私のパソコンには外部電源のUSBオーディオやアンプが繋がっており、パソコンをの起動・停止と共に、これらの電源のON・OFFも手動で行わなければなりませんでした。
この煩わしい操作を軽減するため、パソコンのUSBの通電を利用して、パソコンの電源に連動するACスイッチを作成しました。


この文書は個人的なものであり、読者による改造を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる改造はメーカーの保証・修理が受けられなくなります。







手元にあった3口のテーブルタップを使用します。
こんな旧型のテーブルタップです。




スイッチング部品の場所を確保するため、先の2つの口を潰します。ケースの構造物を取り除きます。




端子も先の2口を切り取ります。




ばりを取ります。




今回、スイッチング部品としてSSRを使用します。
秋月電子のキットを使用しました。




なるべくコンパクトに実装します。




SSRをテーブルタップに組み付けます。
今回のSSRに特に追加部品はありません。




USBケーブルは手元にあったUSB給電ケーブルを使用しました。




こんな感じになりました。




念のため、絶縁テープでカバーします。




出来上がり。

これで、私のパソコンの周辺機器は自動的にON/OFFするようになり、便利になった上、節電にもなりました。
ただ、私のパソコンは古いタイプなので、USBの通電制御設定ができず、常時通電しているため、本体のUSBコネクタは使えませんでした。やむ得ず、パソコンの内蔵ドライブ用の電源ケーブルからUSBの延長ケーブル経由で接続しました。

PCファンの分解、メンテナンス

投稿 2012年08月19日 12時26分26秒 | パソコン | hotall

ホームサーバーに使っていたPCの音がうるさくなってきました。ファンからの音が大きくなっているようです。


この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる修理はメーカーの保証・修理が受けられなくなる可能性があります。







ケースファンの状態です。ホコリ塗れです。




ファンの吹き出し口であるヒートシンクです。こちらの汚れも酷いです。これでは、きちんと冷却できません。
掃除機でほこりを取り除きます。




ファンを取り外します。
Panafloです。とても静かなファンでした。




背面のシールの下には給油口などはなく、羽根を外すしかありません。
二本のドライバーを使って、均等に力がかかるように慎重に力を加えます。もともと取り外すようには作られていないらしく、結構な力を要しました。




すこし外れたら、四方向から少しずつ外していきます。




外れました。




ほこりを取り除きます。羽根は水洗いします。
きれいになりました。




こちら側からベアリングは見えません。
仕方ないので、隙間からグリスを入れて、回転によりベアリングに塗布されることを期待します。




羽根を組み付けて、完了です。

以前のように静かになりました。
ファンを買い替えなくても、しばらくは使えそうです。

Thinkpadの電源コネクタの修理

投稿 2012年08月19日 12時13分31秒 | パソコン | hotall

Thinkpadの電源コネクタが破損してしまいましたので、これを修理しました。


この文書は個人的なものであり、読者による修理を推奨するものではなく、内容について一切の責任を負いかねます。
ユーザーによる修理はメーカーの保証・修理が受けられなくなる可能性があります。




裏面のすべてのネジを外します。



背面のコネクタ固定用ネジを外します。




電源ボタン/機能ボタンカバーを外します。
この順番で外すのが本当に良いのかちょっと怪しいです。
先に上面枠を手前だけ外して、裏からキーボードを外す方が良いのかもしれません。




キーボードを奥へスライドし、手前を持ち上げ外します。




キーボーケーブルコネクタのロックを上にスライドし、ケーブルを外します。




一番奥のカバーを外します。




液晶パネル取り付けネジ(2箇所)を外し、液晶ケーブルを外します。
左側のケーブルはネジ止めされているので、これを外します。




リチウム電池を剥がし、上面枠を外します。
手前から少しずつ慎重に開いていきます。
上面枠を外したら、基板取り付けネジ(確か2つ)を外します。




コネクタが壊れているのが分かります。




コネクタを外します。
ばらばらになっています。
写真左のカバーは新しい部品を取り付けるためにとっておきます。




交換部品を手に入れます。純正の部品は入手が困難なので、代替部品を探します。
私は東急ハンズで見つけた写真のコネクタを利用します。




手に入れたコネクタは、そのままでは取り付けれないので、加工します。
まずコネクタ両端の取り付け穴部分を切断します。
コネクタのサイズが若干大きいので、下部の角と周囲をヤスリで削ります。
次に先ほど取っておいたカバーを部品の形状に合わせ整形します。




コネクタにカバーを接着します。




コネクタ端子が大きいので、切断して曲げます。
上部の+端子と右下のG端子のみを使用します。
左下の端子は使用しません。




コネクタ接続用のワイヤーを用意します。これはコネクタの固定も兼ねるので、比較的硬いものにします。
私はICソケット用のピンを利用しました。




ワイヤーを整形します。
+側は他の端子とのショートを防ぐためカバーを被せます。
私は太目のコードの被覆を使用しました。




基板上のコネクタ用の各穴をきれいにします。
手動式のハンダ吸引機を使用しました。




コネクタを取り付けます。
カバーのつめを基板の穴に通し、裏からハンダ付けします。




+およびGをワイヤーで接続します。
念のため、+側のワイヤー及び端子はシャーシや他の部品とショートしないよう
テープなどで覆っておきます。